自己破産における免責の許可と不許可

1月 31st, 2016

自己破産をされた場合、全財産が失われること以上に精神的に大きなダメージを受けてしまう印象が強くあるのではないでしょうか。自己破産をしたのだから、結果的に自身が苦しむのは当然だと考えられることも少なくないかもしれませんが、原因には様々なことから自己破産をされる方も居られます。

またこの制度は救済をテーマに国が作り上げた制度でもあるので、決して自己破産をすることがいけないことではないことを知っておく必要もあります。

まずどんな場合においても借金を無くすことができますが、破産は換価などを破産管財人とされる担当者が行うことになります。これだけでは債務が残ってしまう状況だと免責を行います。

免責は基本的に理由などが無い限り許可されるようになっていますが、不許可になる場合があり、隠匿、浪費、賭博、騙す、虚偽、裁判での説明不足など全体的に悪質なことなどは不許可になることがあります。またこれらの中で、免責が難しいと判断された場合は事前に取り下げることもされるようです。
自己破産の知識を深めるにはこちらのサイトが便利です。

自己破産について更に詳しく知る

自己破産は人生を再スタートする為の制度です。
こういったサイトで知識を身につけて気軽に法律の専門家に相談してみましょう。

 

 

借金が性善説の上成り立てば法律は必要ない

1月 31st, 2016

借金はそもそも信頼関係の上成り立っていたものです。お金を貸す側から見れば、この人ならばお金をしっかり返してくれると思う人にお金を貸し、返してくれそうにもない人にはお金を貸さないのが基本であり、その上でお互いの信頼関係があり、お金の貸し借りが成立するものです。しかし、お金の貸し借りが商売となり、お金を貸す事によって利益を得ようとなったとき、信頼関係だけでは成り立たなくなってくるのです。

借金を商売とするためには、手広くお金を貸さなければいけません。借金をしたいと思ってる人一人一人を信用して貸すだけでは商売として成り立たないのです。

そこで介入してくるのが法律です。借金のベースが信頼関係なのは変わりませんが、そこに万が一の事があったときのため、法律が大切な役割を果たすのです。

お金を貸す人、お金を借りる人の間での取引が常識の範囲内であれば、何も問題は起きず法律が介入する必要性もありません。

例えばお金を貸す人が多大な利益を得たいと思い利息を高くする、逆にお金を借りる人が返すのが嫌だから持ち逃げをしてしまう、そんな時法律が介入する必要性が出てきます。

利息制限法で極端な高利を制限したりとする必要性が出てくるのです。

性善説ではありませんが、貸す側借りる側共に相手を信用して欲を出さずにいれば、借金の取引は法律が介入せずとも成立します。しかし、世の中お金が関わると性善説は成り立ちません。そんなとき借金と言う取引に法律が必要となるのです。

法律は借金返済への強制力となりえるか?

1月 31st, 2016

いまや借金は私達にとってとても身近な存在になったといえます。一昔前までは「借金」というと、人にはとても言えないような後ろめたい存在でした。しかし、現代ではそこらじゅうで借金の情報や消費者金融の広告を見かけます。

それに伴って借金に関するトラブルも増えるようになってきました。消費者の視点からいえば、いわゆる闇金に引っかかってしまい苦労する人が後を絶ちません。ただ、闇金の場合は業者が「貸した事」自体が「不法原因給付」にあたるとした判例があり、現在では闇金で困った人が弁護士などに相談すると、たいていはこの判例を元に元本自体も払わなくていいような判決を勝ち取ってくれるケースが増えてきました。

ただ、問題となるのは貸した側です。合法的にお金を貸したにも拘らず、一向に返さない人に対して法律は果たして「貸した側」の味方となってくれるのかといえば、必ずしもそうではないように思います。

むしろ、現在の民法では「時効」という強力な制度があるため、負担は実は貸した側にも相当かかってくるのです。まず「時効」で債権が消滅することを防ぐため、貸した側(債権者)は一定期間内に「催告」をしなければいけませんし、催告後「半年以内」に裁判に訴えるなどの措置をとらなければ催告事態も法的効果を失ってしまうのです。そして裁判で勝訴したとしても、裁判所は借りた側に「返しなさい」という命令を出すのみです。ほとんどの場合、裁判費用や貸したお金を回収するための交通費など諸々の経費は貸した側が負担しなければなりません。そういう意味では、現行の民法はむしろ「貸した側」に不利な制度となっている感が否めないのです。

完全に無理だと思った時には自己破産

11月 17th, 2015

自己破産を行うタイミングというのは凄く重要なことで、タイミングを間違えると損をしてしまうことがあります。
まだ返済できる力が残っているのに、自己破産というのは絶対いいことではなく、出来る限り無理だと感じられる状態になってから行ってください。自己破産については、返済できる能力が無くなってから、最終的な決断をします。

払える力があるなら、自己破産ではなく別の債務整理を利用すればいいだけなので、そこまで自己破産に拘る必要性もありません。どうしても行いたいというなら、払えないことを弁護士などにも伝えるようにして、どう考えても無理だというのを理解して貰います。その上で自己破産が望ましいという判断であれば、実際に行うこととなります。

払える力が無くなってしまうことは、自己破産以外の手段を使える可能性が無くなっていることを示すので、もう払うのは無理だと思われるような数字になっているなら、自己破産という選択を取ることとなります。

リスタートは早めに

11月 17th, 2015

転職を考えている人はどの段階で転職活動を始めるか悩むことが多いかもしれません。
会社で働きながら転職活動をするのは、転職がうまくいかなかったときの保険がかけられるという意味で安心ではありますが、面接や情報収集にうまく時間が使えないというデメリットもあります。
会社を辞めてから次の就職先を探すのは、時間やスケジュールに余裕がありますが、万が一就職先が見つからなかった場合は無職ということになってしまいます。
この辺は個人個人で判断するしかないのでどちらがいいとは言えませんが、会社を辞めてから次を探す場合には一つ注意が必要です。
不満があって辞めた会社から解放された安堵感とうまくいくかわからない転職活動を後回しにしたいという気持ちが働いて、ついつい転職活動開始までに間を開けてしまいがち。
失業保険ももらえるし、あるていど貯金もあるとなると1,2ヶ月はゆっくりしたくなってしまいますが、相手の人事からすれば熱意を疑われてしまいます。
休職期間は必ず面接で突っ込まれるのでリスタートは早めに。

LTEによってiphoneへの一極化が進む

12月 5th, 2013

携帯電話を変えようという思いが先にきて、その機会の通信回線サービスの変更をするのか、あるいは通信回線の変更を希望するために携帯電話の機種を変更するのか、いずれにしても今後主流になっていくのがiphoneであると予想されます。
新型iphoneは国内でも主流になっているLTEとの相性が良く、しかもこれまではソフトバンクかauでしか利用できませんでしたが、新たにドコモが参入したことによって国内の主要三社で契約することができます。
そのような状況ゆえにiphoneへの一極化が進むものと思われます。
スマホに内蔵されたルーターはバッテリーに限界がありますのでポケットwifiを検討するのも良いでしょう。

 

印鑑の素材あれこれ

11月 11th, 2013

認印や三文判ならあまり気にすることはありませんが、いざ実印を作ろうと思ったらその素材はやはり吟味したいものです。
値段も全然違ってきますし、耐用年数や押しやすさなどにも大きな違いがあります。
とにかくダメなのは石を使ったもの。
これは割れたり欠けたりしやすく、証明という印鑑の用途には向きません。
柘植の木などもよく使われます。密度があって木材の中ではもちろん良いのいですが、生育が遅くて森林破壊などの問題点があるのと、一生使うには耐久性が不安という欠点があります。
印鑑として最高の素材のものはやはり象牙なのですが、ワシントン条約により取引に厳しいルールがあるために、値段はやはり高くなってしまいます。
最近ではチタン製のものもよく使われます。チタン製の実印はクールな印象があるので若い方中心に人気です。

有名アスリートの体調管理

9月 12th, 2013

我々一般人とは違って、身体全体を使って仕事をするプロのアスリートは、健康や体調管理への気配りも相当だと言われています。
特に巨人で40台半ばまで活躍した工藤選手は、身体のバランスを維持する為の股関節のトレーニングを欠かさなかったそうです。
食事に関しても、ヘルシーな和食中心の生活を心掛けたそうです。
そして阪神タイガースの大ベテラン、金本選手も研究チームに血液分析をさせ、自分なりの体調管理法を模索しながら不足している栄養素を補っていたそうです。
有名なアスリートが多く摂取しているものに酵素があります。やはり大舞台で長くやって行く為には、普段からの健康管理面にも、かなり気を遣う必要があるのですね。

健康診断の大切さ

9月 12th, 2013

毎年職場で定期健康診断があると思いますが、職場によって強制と任意とがあるかと思います。
職員が多い大手などでは丸一日かけて健康診断の日にするというところもあるでしょう。
多くの病院で、毎日健康診断に訪れる方が多くいると思いますが、無症状でもそこで異常を発見される方もいます。
また、健康診断で二次検査の必要があって来院する方の中には、毎年健康診断をやっていると去年は大丈夫でも今年になって異常が認められるというケースもあると思います。
どんな病気でも初期は症状がないものが多いです。
健康診断をしているからこそ早期に発見できます。
早期対処が出来て大事には至らなかったということがあるので、症状がないから、あるいは、まだ若いからと思っている方でも毎年1度は自分の体を見つめなおす良い機会だと思って健康診断は受けた方が良いでしょう。

禁煙の理由

1月 23rd, 2013

超ヘビースモーカーだった人が、久しぶりに会うとタバコをやめていて驚くことがあります。
今まで何度も禁煙すると言いながら、結局、すぐに吸い始めることが多かった人。
この人だけは死ぬまで吸い続けると思っていたのに、本当にやめていたりするので、ビックリです。
どうやってやめたのか、詳しく聞くと、病院に入院していたそうです。
入院したら必然的にタバコをやめざるをえなかったわけですが、退院しても、そのまま禁煙が続いているということです。
こういった入院が契機になったというパターンはわりと多いですね。
特に、病気の原因の一つがタバコという場合は、さすがにやめようという気にさせるようです。
でも、病気になってからよりも、なる前にやめるほうがいいのですがね…

男性の脱毛

1月 9th, 2013

ここ数年は男性でも美に対して敏感になり、脱毛をしたいという人も多くなってきました。
脱毛男子というそうです。
男性は女性と比べて毛が濃くて多いため、大変です
希望№1はひげなのですが、足のすね毛を処理する脱毛もポピュラーです。
足にすね毛があるのは当たり前ですが、いやだなと思っている人も多いのだそうです。
周囲の男性より毛がたくさんあったり、肌の色が白いとすね毛が濃く見えるので、足脱毛に取り組みたいと悩む人もいるものなのです。
それに加えて、男性がエステサロンや病院というようなところで足脱毛をしてもらうのは勇気がいります。
ですから自宅でカミソリや脱毛ワックスを使用して処理する人が多いようです。
しかし、毛の量がいっぱいあるため、女の人と比較しても脱毛に時間がかかります。
それだけ皮膚が負担を受けてしまいますので注意しなければいけないと思います。

脚腰の痛み

12月 22nd, 2012

じわじわと来てますね、脚腰の痛み。
20代、30代でも腰が痛い人いますよね。
これが年代が上がるにつれ、だんだん増えてくるんです。
ひとつはヒザの軟骨みたいなのが減ってくるんでしょうか。
それと、体重増加。
ヒザが痛くてたまらないって人、太った人が多いですよね。

ただでさえ弱った関節に体重がかかるんで、それはそうです。
医者に痩せろって言われてるんでしょうけど、それがなかなか。
運動自体が大変だから、痩せにくいんですよね。

そうなる前に太らないこと。
太り始めたら、どこかで歯止めをかけることが大切です。

ダイエットのしすぎはだめっていいますが、
体重管理は健康維持に絶対必要です!

鏡をぴかぴかにするということ

10月 22nd, 2012

最近何かと上手く行かない、なんとなく面白くないと言う人は、
洗面台を念入りに掃除してぴかぴかに磨くことをお勧めします。
風水でも水周りを清潔に保つことは運気を招くと言われていますが、
中でも朝一番に使う洗面台が清潔なのは気分がいいものです。
また自分の顔がぴかぴかの鏡の中に映っていると言うことは、
視界が開けたような気持ちになり背筋がしゃんと伸びてきます。
それに鏡がぴかぴかだと肌のくすみやシミなどもはっきり見えますので、
それまでの肌のお手入れを見直すきかっけにもなるでしょう。
仕事、人間関係、日常に鬱屈として暗い表情ばかり鏡に映しているのなら、
心と鏡をごしごし擦って水で流して気持ちも新たにすっきりとしましょう。

Iターンという選択肢

10月 22nd, 2012

超過勤務やサービス残業、今の自分の仕事に疑問を感じている方は、
人生を敢えて田舎でチャレンジする!
Iターンという選択肢について考えてみるのはどうでしょうか。
地方自治体では過疎化による人口減少が慢性的が問題なため、
都市部からの移住者を優遇するIターン政策が多く策定されています。
地域活性化や空家改修などを条件に新たな事業を提案する場合には、
県や市などから助成金が出る場合もあり生活の保障もなされています。
収益率や営業効率の面では都市部にかなり劣る面もあるものの、
地域によっては地代や物価、高熱水費などは安価に抑えることができます。
ネット環境さえ整っていればまだまだ大きなチャンスが見越せます。
手付かずの自然の中で新たな一歩を踏み出してみてはいかがでしょうか。